ご購入前にチェック

設置に関して

ペレットストーブの設置には、屋内に「ストーブ本体の設置」と、屋外に「給排気筒の設置」を行います。
ペレットストーブを配置する予定場所に設置が可能かお調べください。
※コンコード・オルコットを例にご案内します。

屋内の設置

屋内の設置スペース

ストーブから周辺の可燃物までの離隔距離は、左右の側面を60cm以上、上面および正面は1m以上離して設置 してください(火災予防条例による)。 背面は10cm以上離して設置してください(自社基準)。
コンセントは100Vのアース付きのものとしてください。
電源コードが給排気筒に接触しないようにしてください。

屋外の給排気筒設置

屋外の給排気筒設置

外壁に直径15cmの穴をあけて、給排気筒を1.5m以上立ち上げます。
給排気管は二重構造となっており内管が排気経路、外側が給気経路となります。よって 給排気筒表面は高温になりません。
排気トップからの火の粉やメンテナンス性などを考慮して屋外立上排気を推奨しています。

ペレット燃料の購入に関して

 

ペレットストーブをご検討中の場合、一番気になることは「ペレット燃料の購入方法」に関してです。
当店ではペレットの販売や宅配も承っています。

安心してペレットストーブをご利用いただけるよう、私たちは以下のサービスを行っています。
お気軽にご相談ください。

ホワイトペレット 10kg入 650円(税抜)
∟宅配料 (20袋以上、広島市内・安芸郡・廿日市の一部) 2,000円(税抜)
店頭販売価格 600円(税抜)/1袋

お手入れに関して

 


簡単なお手入れで快適にお使いいただけます。※コンコード・オルコットを例にご案内します。

定期的なメンテナンス

 

燃料タンクの粉掃除
燃料タンクの粉掃除

燃料タンクの底にたまった粉を掃除機などで吸い取ります

熱交換パイプの掃除
熱交換パイプの掃除

バッフルプレートを取り外し、パイプクリーナーを引き出して熱交換パイプを掃除します。

灰受皿
灰受皿

灰受皿(大)、灰受皿(小)にたまった灰を捨てます。

シーズンオフ

 

給排気筒の掃除(1)
給排気筒の掃除(1)

給排気筒に付着した煤を排気筒掃除用ブラシで掃除します。

給排気筒の掃除(2)
給排気筒の掃除(2)

給排気筒の横引部分の煤は、排気筒掃除用ブラシや掃除機で吸い取ります。

キャップの取付
キャップの取付

異物が侵入しないように、給排気筒の先端にキャップを取り付けます。

お客様ご相談窓口

ペレットストーブの販売やご相談、ペレット燃料の配送も承ります。
お気軽にご相談ください。